教会巡礼

教会巡礼009 ケルン大聖堂(ドイツ)part1

投稿日:2010/11/15 更新日:

2010年11月14日~21日
ステンドグラス教室の研修旅行でドイツへ行きました。
15日、最初のステンド訪問地、世界文化遺産・ケルン大聖堂。

ケルン大聖堂
ゴシック様式の建築物としては世界最大。圧倒されます。

正式名称は、ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂(Dom St. Peter und Maria。聖ペトロとマリア大聖堂の意)

カトリック大聖堂。聖堂内の最も古い箇所は4世紀だそうです。
本格的に建設が始まったのは13世紀、完成が19世紀。実に600年!!!
途中200年休築期間があったとか。200年放置して400年かけて建築!スケールがでかい!

ケルン大聖堂
聖堂入り口から聖壇へ。天井の高さ43.5m
この教会はパリのアミアン大聖堂を模倣したそうです。

ヨハンの小さな窓
聖堂入って左手前。
「Johannes Klein-Fensterzyklus(ヨハンの小さな窓)」 と思われます。
19世紀の作品。

パッションの窓
「Passionsfenster(パッションの窓)」
キリスト教においてパッションとは「キリストの受難」を意味します。
16世紀の作品。

聖ペトロとエッサイの窓
「Petrus- und Wurzel Jesse-Fenster(聖ペトロとエッサイの窓)」
16世紀初頭の作品。聖ペトロはイエスの弟子。
エッサイは古代イスラエル・ダヴィデ王の父。
窓下方左の人物は聖ペトロと大司教フィリップ。
右はエッサイではなく聖セバスティアヌス?
でも殉教者には見えないなあ。

ケルン大聖堂

東方の三博士の窓
「Drei königen fenster」「Magi(東方の三博士)の窓」。
中段にてイエスを抱くマリアのもとに三博士が
誕生のお祝いに駆けつけている。16世紀の作品。
これは有名なバイエルン窓ではありません、あしからず。

東方の三博士の窓

ケルン大聖堂
大聖堂は上空から見ると十字架の形をしているます。
そのクロス部分がこのあたり。

ケルン大聖堂
天井が高いのは「神に近づきたい。」こころの現れ。

聖ペトロの窓
「Petrusfenster(聖ペトロの窓)」19世紀の作品。
聖ペトロはイエスの弟子。元漁師。

ゲレスの窓
「Görresfenster(ゲレスの窓)」
ゲレスとは当時の作家でカトリックの広報係らしい。
彼がこのステンドグラスを寄贈したようです。
聖母とキリストの御前で膝まずいているのが彼。
下方に英国の修道僧・聖ボニフェイスとフランク王・カール大帝がいる。
解読するのに時間がかかる一品。

ゲレスの窓
ゲレスの後ろに立っている人物は誰なのだろう?

ケルン大聖堂

part2に続く

ケルン大聖堂(ドイツ語・英語・スペイン語他)
http://www.koelner-dom.de

-教会巡礼
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聖ゼバルトゥス教会

教会巡礼016 聖セバルドゥス教会(ドイツ)

フラウエン教会をあとにし、徒歩で聖セバルドゥス教会へ。 1225年に聖セバルドゥスを祭る後期ロマネスク様式の教会として建造され、14世紀に内陣と側廊をゴシック様式に改装 あ〜ぁ、この日の落ちよう。。。 …

江上天主堂 奈留島・五島列島キリシタン物語ツアー:五島列島巡礼(下五島編) その14

【祝☆見学再開!】 工事のため見学が中止となっていた江上天主堂が2018年7月1日より見学を再開したようです。 詳しくは長崎の教会群インフォメーションセンターをご確認ください。 http://kyou …

マインツ大聖堂

教会巡礼011 マインツ大聖堂(ドイツ)part1

聖シュテファン教会から徒歩で数分。 マインツの顔、マインツ大聖堂。雨が冷たかったなぁ。 マインツ大聖堂 975年 ロマネスク建築 度重なる増改築の末ロマネスク、ゴシック、バロックが混在。 聖シュテファ …

五輪教会 久賀島・五島列島キリシタン物語ツアー:五島列島巡礼(下五島編) その11

久賀島には「五輪教会」と「旧五輪教会堂」があります。 世界遺産候補になっているのは「旧五輪教会堂」です。 こちらお間違えなく。 とはいえ、この二つ隣接して建っていますので、あまり問題はないかと。 五輪 …

牢屋の窄殉教記念教会 久賀島・五島列島キリシタン物語ツアー:五島列島巡礼(下五島編) その10

浜脇教会をあとに、次に向かったのは「牢屋の窄(さこ)殉教記念教会」。 ここはキリシタン弾圧の惨さを伝える重要な史跡なのに世界遺産候補にはなっていません。 牢屋の窄殉教事件(wikipediaより) 明 …

愛って、
その人の幸福をねがうことよ。
──三浦綾子