教会巡礼

教会巡礼009 ケルン大聖堂(ドイツ)part3

投稿日:2010/11/15 更新日:

13世紀頃に作られた「中世のステンドグラス」です。

ケルン大聖堂一番奥の中世のステンドグラス
聖堂一番奥のステンド。主に13世紀の作品。
右「聖ペトロと聖マテルナス」
中央「初期聖書」
左「三博士の礼拝」

「聖マテルナス」はケルンの司祭のようです。
「初期聖書」の右半分は新約聖書、左半分は旧約聖書の場面をそれぞれ表している。

ケルン大聖堂
磔刑背後のステンドも微細で見事。(何ピースあるのだか)

ケルン大聖堂
右「聖アグネス」
中央「???」
左「聖クニベルト」

東方の三博士の聖遺物
そしてこの大聖堂の最も重要な「東方の三博士の聖遺物」

聖遺物とは主にローマカトリック教会で、イエス=キリストや聖母マリア、
聖人の遺品または遺骨をいう。信仰の対象となる。

なぜこの賢者たちの聖遺物がここにあるのか。

12世紀、当時の神聖ローマ皇帝フリードリッヒ1世・バルバロッサが
イタリア遠征の際、ミラノから持ち帰ったといわれています。(諸説あり)

この聖遺物を収める建物としてこのケルン大聖堂が建立された。

そしてこれがあるために、教会内のいたるところに「東方の三博士」の
モチーフが点在することになる。

***

ケルン大聖堂には、まだまだ宗教的芸術品がたくさんある。
1日居ても足りないくらい。
出来ることならもう一度じっくりと訪れてみたいです。

ケルン大聖堂(ドイツ語・英語・スペイン語他)
http://www.koelner-dom.de

-教会巡礼
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聖フィリッポ教会

教会巡礼007 聖フィリッポ教会(長崎市)

二つの尖塔。 見覚えありませんか? そうです、ガウディです。 ガウディをいち早く日本に紹介した建築家 今井兼次氏の作品。 ・・・なんだかオモチャめいてたなぁ。 (失礼!教会はやはり重層なゴシックが大好 …

牢屋の窄殉教記念教会 久賀島・五島列島キリシタン物語ツアー:五島列島巡礼(下五島編) その10

浜脇教会をあとに、次に向かったのは「牢屋の窄(さこ)殉教記念教会」。 ここはキリシタン弾圧の惨さを伝える重要な史跡なのに世界遺産候補にはなっていません。 牢屋の窄殉教事件(wikipediaより) 明 …

ニコライ堂

教会巡礼020 重要文化財ニコライ堂(文京区)

御茶ノ水に行った際、突発的に「あ!ニコライ堂行こう」と思ったので、行って来ました。 ニコライ堂はロシア正教会の教会。1891年に建てられたビザンティン様式建築。 ロシア正教はカトリックのようにステンド …

頭ヶ島天主堂

動機:五島列島巡礼(下五島編) その1

「五島列島に行きたい」 そう思ったきっかけは、この1枚のパンフレットでした。 頭ヶ島天主堂 どこかの書店でレジに並んでいるときにカウンターにパラパラと置かれていたものです。 初めて見る教会。 でも、ふ …

聖ゼバルトゥス教会

教会巡礼016 聖セバルドゥス教会(ドイツ)

フラウエン教会をあとにし、徒歩で聖セバルドゥス教会へ。 1225年に聖セバルドゥスを祭る後期ロマネスク様式の教会として建造され、14世紀に内陣と側廊をゴシック様式に改装 あ〜ぁ、この日の落ちよう。。。 …

愛って、
その人の幸福をねがうことよ。
──三浦綾子
This error message is only visible to WordPress admins
Error: There is no connected account for the user 4343780415.