教会巡礼

教会巡礼016 聖セバルドゥス教会(ドイツ)

投稿日:2010/11/17 更新日:

フラウエン教会をあとにし、徒歩で聖セバルドゥス教会へ。

聖ゼバルトゥス教会
1225年に聖セバルドゥスを祭る後期ロマネスク様式の教会として建造され、14世紀に内陣と側廊をゴシック様式に改装

聖ゼバルトゥス教会
あ〜ぁ、この日の落ちよう。。。

聖ゼバルトゥス教会
気分はすっかり「お籠りの修道士」

冠の聖母
「冠の聖母」

「聖セバルドゥスの墓碑」 
「聖セバルドゥスの墓碑」
聖セバルドゥスは伝説によると、11世紀デンマークの王子として生まれ、
パリで神学(?)を学んでからローマ教皇から説教師として仕事を委ねられ、
ニュルンベルクの森で隠者の生活をおくりながら、人々に教えを説き、
貧しい者、病める者の友として後なくなった。

墓碑の足元にはカタツムリがいるのですが、
「再生」(永遠だったかな?)を意味するそうです。

これにてニュルンベルクでの3大聖堂巡礼は終わります。
次は聖堂を離れ、ガラス工場見学レポートです。

聖セバルトゥス教会
http://www.sebalduskirche.de

-教会巡礼
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

頭ヶ島天主堂

動機:五島列島巡礼(下五島編) その1

「五島列島に行きたい」 そう思ったきっかけは、この1枚のパンフレットでした。 頭ヶ島天主堂 どこかの書店でレジに並んでいるときにカウンターにパラパラと置かれていたものです。 初めて見る教会。 でも、ふ …

ピエタ

教会巡礼009 ケルン大聖堂(ドイツ)part2

part2は有名な「バイエルン窓」のご紹介。 1842年9月4日、バイエルン王ルードヴィッヒ1世が寄進したので、 「バイエルン窓(Bayernfenster)」と呼ばれています。 ※「ルードヴィッヒ」 …

五島列島

奈留島・久賀島・福江島:五島列島巡礼(下五島編) その3

下五島巡礼を決定した私。 改めて下五島の教会を回るスケジュールを考えてみます。 下五島で教会が存在する島は奈留島、久賀(ひさか)島、嵯峨(さがの)島、福江島の4つ。 (下部の画像ではピンクのエリア) …

マインツ大聖堂

教会巡礼011 マインツ大聖堂(ドイツ)part1

聖シュテファン教会から徒歩で数分。 マインツの顔、マインツ大聖堂。雨が冷たかったなぁ。 マインツ大聖堂 975年 ロマネスク建築 度重なる増改築の末ロマネスク、ゴシック、バロックが混在。 聖シュテファ …

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会

教会巡礼025 サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会(イタリア)

ムラーノ島を後にして、ヴェネチア本島のサンティ・ジョバンニエ・パオロ教会へ向かいます。 ヴェネツィアの教会群はステンドグラスが多くはないのですが、このサンティ・ジョバンニエ・パオロ教会は最もステンドグ …

愛って、
その人の幸福をねがうことよ。
──三浦綾子
This error message is only visible to WordPress admins
Error: There is no connected account for the user 4343780415.