教会巡礼

教会巡礼020 重要文化財ニコライ堂(文京区)

投稿日:2011/10/23 更新日:

ニコライ堂

御茶ノ水に行った際、突発的に「あ!ニコライ堂行こう」と思ったので、行って来ました。

ニコライ堂はロシア正教会の教会。1891年に建てられたビザンティン様式建築。

ロシア正教はカトリックのようにステンド・グラスを飾ることはなく、イコンという菩提樹、あるいは松や樅にテンペラ絵具で主キリストや聖母マリア、聖者たちの像を描いた聖像画を飾ります。

ステンドはないのです。でもステンドがなくても、静かな場所で休みたかったのです。

ニコライ堂

ニコライ堂

ニコライ堂

ニコライ堂

聖堂内はもちろん撮影禁止、入場料200円。ろうそくが一本もらえるので、火をつけて祭壇に飾る。

案内人のロシア人女性が教会内の説明を日本語でしてくれます。

なるほど聖堂内はほの暗く静かで、でも天井が高くて、木製の椅子に座るとほっとしました。

ろうそくのあかりが優しくゆらめいて、それもまた癒されます。

聖壇のイコンもすばらしく、ロシア正教では、イコンは地上と天国の間の窓であり、神の国を映す鏡に等しく、敬虔な信者たちはイコンを通して神の国をのぞくことができると考えられているようです。

ところが!なんと驚き!
聖堂内にステンドグラスがあるではないですか!

祭壇の奥にマリア様らしき人物のものと、建物側面にある縦長の窓に聖人の全身像が描かれた大きなステンドが!

案内係の方にお話を伺うともともとこのステンドガラスは透明の単なる窓でした。
でも関東大震災(戦争だったかな?)で割れてしまったため、信者達が協力して復興の願いをこめて聖人たちのステンドグラスをいれたのだそうです。

ニコライ堂
外から撮影したそのステンド。夕方に訪れたので見えないな~。

ニコライ堂

クレムリンを思い出させるねぎぼうずがとても愛くるしい屋根です。
思いもかけずロシアの美しいステンドにめぐり合えて、恐悦至極に存じます。
皆様もぜひ一度足をお運びください。

ニコライ堂
http://nikolaido.jp

-教会巡礼
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教会巡礼028 サンタ・クローチェ教会(イタリア)

フィレンツェ大聖堂から歩いて移動、次なる聖堂は「サンタ・クローチェ聖堂」。 左手前の像は「神曲」のダンテ ここは聖フランチェスコゆかりの教会で、14世紀完成。 建築の外装の雰囲気はフィレンツェ大聖堂と …

聖フィリッポ教会

教会巡礼007 聖フィリッポ教会(長崎市)

二つの尖塔。 見覚えありませんか? そうです、ガウディです。 ガウディをいち早く日本に紹介した建築家 今井兼次氏の作品。 ・・・なんだかオモチャめいてたなぁ。 (失礼!教会はやはり重層なゴシックが大好 …

聖ミヒャエル教会

教会巡礼019 聖ミヒャエル教会(ドイツ)

ドイツステンドグラス見学地もいよいよ最後。 ミュンヘンのフラウエン教会からほど近い「聖ミヒャエル教会」 外観を撮影し忘れました。均整のとれたルネサンス様式。バチカンみたいですね。 大天使ミヒャエル(ミ …

江上天主堂 奈留島・五島列島キリシタン物語ツアー:五島列島巡礼(下五島編) その14

【祝☆見学再開!】 工事のため見学が中止となっていた江上天主堂が2018年7月1日より見学を再開したようです。 詳しくは長崎の教会群インフォメーションセンターをご確認ください。 http://kyou …

フラウエン教会

教会巡礼018 ミュンヘン・フラウエン教会(ドイツ)

ミュンヘンで再び1泊し、翌20日。 ミュンヘンの街にあるふたつの教会をたずねました。 まずは「フラウエン教会」 ニュルンベルクにもフラウエン教会がありましたが、 ドイツにはフラウエン(聖母)教会はたく …

愛って、
その人の幸福をねがうことよ。
──三浦綾子
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.