ステンドグラス 五島列島 教会巡礼

堂崎教会・福江島岐宿:五島列島巡礼(下五島編) その18

投稿日:2017/10/10 更新日:

最終日!
気持ち良いくらいの快晴!雨女度200%の私がなんと珍しいことか。

本日の予定は・・・夕方の長崎空港フライト時間から逆算し、長崎市内に到着する時間、福江島を発つ時間を決め、最終日の巡礼は午前中のみで岐宿地区の4つの教会を巡るのみとなった。

岐宿エリア

 

実は二日目の夜、原付を返しにレンタカー屋さんへ訪れたところ、お店は閉まり電話をかけても出なかった。まだ19時前なのに。なんつーか、おおらかというか大雑把というか。
仕方がないのでお店の車庫に原付を停めメットをシートの中に入れ、鍵だけを持ってホテルに戻ったのだ。

そして今朝お店に行ってもあいかわらず戸は締まり誰もおらずで、仕方なくそのまま同じ原付を借りて出発した。お店が開く頃に電話してみよう。

岐宿の道

岐宿の道

こんな素晴らしい天気のもと、人も車もほとんど通らない道を、Tシャツ一枚・原付で駆け抜ける。ひょー!きもちいいー!

海岸沿いをひた走りたどりついた「堂崎教会」。ここは近かった。15分強くらい。
県指定有形文化財。資料館を併設しているので拝観料300円かかります。

堂崎教会

堂崎教会

煉瓦造りのどっしりとした風格ある外観。
こちらも聖堂内は撮影禁止なので、お見せできないのが残念ですが、ステンドグラスがかわいいです。(こちらも未金属の木製ステンドですが。)
内装は木造のリブヴォールトでやわらかゴシック。

フランス人宣教師たち

宣教と、この教会の建立に尽力したフランス人宣教師マルマン神父とペルー神父と子供

殉教者 聖ヨハネ五島

秀吉の命により捕縛され長崎で殉教した26聖人のうちの一人、聖ヨハネ五島。
五島に生まれ伝道師として学び活躍したのち、囚われ人となり19歳の若さで帰天した。
祭壇には聖ヨハネ五島の遺骨が収められています。
そもそもこの堂崎教会は聖ヨハネ五島の鎮魂のためにつくられた教会だそうです。

堂崎教会のステンドグラス

エントランスのバラ窓。

堂崎教会で買ったパンフレット

聖堂内は資料館になっています。こちらのパンフレットも販売してます。

堂崎教会のしおり

こんな可愛いしおりも売ってます。

堂崎教会の目の前の入江

目の前の入江。ほんとに目と鼻の先。穏やかな水面。

1868年、耶蘇(やそ)禁教が明治政府により解かれると、外国人宣教師たちは布教を再開させ、五島の布教復活の拠点となったのがこの堂崎教会だそうです。

キリスト教を禁止した幕府と、布教をやめようとしなかったカトリック宣教師たち。

それぞれの両者(とその後ろにいる者たち)の思惑や胸の裡は、いったいどんなものだったのか。

この教会を訪れ、改めてその問いの答えを見つけてみたくなった。

きっとその答えは、この混乱つづく昨今の世界情勢の原因を知る手がかりになるのではないか。

いや、ならないか(笑)

次は宮原教会へゆきます。




-ステンドグラス, 五島列島, 教会巡礼
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大浦天主堂

教会巡礼005 国宝大浦天主堂(長崎市)

2010年8月25日長崎へ一人旅をしてきました。(実は誕生日) この教会が旅の一番の目的でした。 エントランスのマリア像は美しく。 内部に入ってみて・・・・・・・ うーん、期待が大きすぎたかな。 日本 …

聖ヤコブ教会

教会巡礼013 聖ヤコブ教会(ドイツ)

ヴュルツブルクのレジデンツから いよいよ「中世の宝石箱」ローテンブルクへ ロマンチック街道と古城街道が交差する位置にあります。 城塞に囲まれた中世の街並みがそのまま残る石畳の街。 上空からの地図。「天 …

三井楽教会

カトリック三井楽教会・福江島三井楽(みいらく):五島列島巡礼(下五島編) その16

538ステンドグラス工房から原付を海沿いに北上すること20分。 カトリック三井楽(みいらく)教会に到着。 上段右は「五島ヨハネ」でしょうか。 (※ステンドはすべてコパテープでできています・・・。) 誰 …

クーポラ(丸屋根)

教会巡礼027 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(イタリア)

ボローニャを移動して、さあ!フィレンツェです! フィレンツェのシンボル「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」 どどん! 後期ゴシックとルネサンス様式の融合だそうで、独特なデザインが各所に見受けられ …

538ステンドグラス工房

538ステンドグラス工房・福江島三井楽(みいらく):五島列島巡礼(下五島編) その15

世界遺産候補・江上天主堂(奈留島)見学ツアーを終え、 奈留港から海上タクシーで福江島まで戻ってきた時点で、時刻はまだ午後2時半過ぎ。 日が沈むまではまだ時間はある! ということで、またまた原付にまたが …

愛って、
その人の幸福をねがうことよ。
──三浦綾子